PCソフト , ウイルス対策・セキュリティ,2006,1119円,/decapod1501355.html,bpbd.hsu.go.id,マカフィー・アンチスパイウェア マカフィー アンチスパイウェア 2006 年末年始大決算 1119円 マカフィー・アンチスパイウェア 2006 PCソフト ウイルス対策・セキュリティ マカフィー アンチスパイウェア 2006 年末年始大決算 PCソフト , ウイルス対策・セキュリティ,2006,1119円,/decapod1501355.html,bpbd.hsu.go.id,マカフィー・アンチスパイウェア 1119円 マカフィー・アンチスパイウェア 2006 PCソフト ウイルス対策・セキュリティ

バースデー 記念日 ギフト 贈物 お勧め 通販 マカフィー アンチスパイウェア 2006 年末年始大決算

マカフィー・アンチスパイウェア 2006

1119円

マカフィー・アンチスパイウェア 2006

商品の説明

商品紹介

スパイウェアなどの怪しいプログラムを検知、隔離、削除するソフト。今バージョンでは、既知のスパイウェア、トロイの木馬、キーロガー、ダイアラ等、様々な種類のPUP(怪しいプログラム)を検出するほか、インターネットのセキュリティ設定・ブラウザ設定、システムファイルの改ざんを監視。いらいらする商品広告、不愉快な内容のポップアップ、トラッキングクッキー等の、継続的で不必要・迷惑なインターネットマーケティングプログラムを識別し、削除する手段を提供する。また、独自の「auto-protect」自動防御技術が常にバックグラウンドで稼動し、怪しい動作や異常な動作を監視。PUP(怪しいプログラム)が識別された場合は、直ちに知らせ、ユーザーはそのプログラムの停止、または削除を選択でき、PUP自体がもつアンインストールを利用するか、本製品の削除機構を利用するかは、ユーザーが選択できる。削除を選択されたプログラムは、バックアップ領域に隔離され、特定プログラムを必要と判断したときは再生することも可能。また、毎日の自動更新は、バックグラウンドで静かに行われ、既知のPUPに関する詳細なデータベースを構築し、日々広がるセキュリティ上の脅威から常に守ってくれる。さらに、ユーザーが信用するアプリケーションに対しては、継続的にPUPとして識別されない様に「信用するアプリケーション」に指定することができるほか、世界16カ国に研究員を持つ、世界トップクラスのウィルス対策と脆弱性研究チームが、世界中のスパイウェアの活動を常に監視し、アンチスパイウェアの防御を即座に届けてくれる。またシステムリソースやメモリー、ハードディスクスペースを消費するPUPを削除することにより、PCのパフォーマンスを最適化・活性化することが可能。

Amazonより

* お使いのセキュリティソフトと同時使用で、スパイウェア対策強化! *
『マカフィー・スパイウェア 2006』は常にスパイウェアの侵入を監視し、未知のスパイウェアを予知・防御します。

☆セキュリティを強化して、2000円キャッシュバック!☆
今、『マカフィー・アンチスパイウェア 2006』をご購入いただくと、お申し込みいただいたお客様に2000円キャッシュバックいたします。詳しくは、マカフィーのホームページをご覧ください。

キャンペーン対象期間:2006年4月1日 から 2006年6月30日 ご購入分(お申し込みは2006年7月31日消印有効)

■スパイウェアの引き起こす被害■
従来のウイルスは、データ破壊を目的とした攻撃が主でした。しかし、2005年後半頃より、利益を搾取することを目的とし、皆様の”お金”に直接被害を及ぼすものが急増。中でもスパイウェアと種別されるものは、名前のごとく、スパイのようにユーザに気づかれることなく、勝手にパソコンにインストールされてしまい、皆様の重要なデータ(銀行口座情報、クレジットカード番号やID・パスワードなど)を盗み、悪用するのです。

■スパイウェアの侵入方法■
インターネットは便利ですが、危険もたくさん潜んでいます。例えば、無料で配布されているソフトウェアを入手するのは便利ですが、同時に、不必要なスパイウェアをダウンロードしてしまうこともあるのです。また、WEBを見ているだけでも、スパイウェアをインストールしてしまっていることさえあるのです。さらに、個人間ソフトウェア共有ソフトを利用して、スパイウェアが入りこむこともあるのです。困ったことに、いずれの場合も、「ここにはスパイウェアがいる」と言うことが識別できないのが現状です。

■対策方法■
スパイウェアは気づかないうちに、皆様のパソコンにも忍び込みます。しっかりセキュリティ対策していても、ウイルスと同じように、スパイウェアもどんどん進化しているので、対策ソフトは常に最新の状態を保持することが重要になります。また、常にスパイウェアの侵入を監視し、未知のスパイウェアを予知・防御できたらさらに安心です。総合セキュリティソフトウェアでもスパイウェア対策は出来ますが、未知のスパイウェアへの防御には、専用ソフトウェアを追加導入することをお勧めします。

マカフィー・アンチスパイウェア 2006