EDOGAWA PENTAX ED-BAT223871 お得 D-LI92対応互換バッテリー EDOGAWA PENTAX ED-BAT223871 お得 D-LI92対応互換バッテリー bpbd.hsu.go.id,EDOGAWA,627円,PENTAX,D-LI92対応互換バッテリー,ED-BAT223871,家電&カメラ , カメラ , アクセサリ,/bronchopulmonary1422833.html bpbd.hsu.go.id,EDOGAWA,627円,PENTAX,D-LI92対応互換バッテリー,ED-BAT223871,家電&カメラ , カメラ , アクセサリ,/bronchopulmonary1422833.html 627円 EDOGAWA PENTAX D-LI92対応互換バッテリー ED-BAT223871 家電&カメラ カメラ アクセサリ 627円 EDOGAWA PENTAX D-LI92対応互換バッテリー ED-BAT223871 家電&カメラ カメラ アクセサリ

新作 EDOGAWA PENTAX ED-BAT223871 お得 D-LI92対応互換バッテリー

EDOGAWA PENTAX D-LI92対応互換バッテリー ED-BAT223871

627円

EDOGAWA PENTAX D-LI92対応互換バッテリー ED-BAT223871


商品の説明

EDOGAWAのバッテリーは高品質のプレミアムセルを使用。PSEマークおよびCEマーク明記の製品。 過電流保護、過充電防止、過放電防止の保護回路が内臓されています。

バッテリーを長持ちさせるには

①バッテリーが届いたらすぐに充電し使用する。
新品バッテリーは本来の性能をすぐ発揮することができない場合があるので届いたらすぐに満充電して1/3ぐらいまで使用してまた充電。これを3~4回繰り返すことによってバッテリーの性能が正常化します。

②残量ゼロ→満充電を繰り返さない
過放電はリチウムイオン電池を痛みやすくしてしまうため残量が10%ぐらいになったら充電するようにしましょう。また満充電よりも90%ぐらいの方が持ちがよくなります。

③寝ている間に充電するのは避けましょう
満充電後は放電と充電を繰り返しながら満充電をキープします。一回充電していたつもりが、実は数回充電されていることとなり、劣化が進んでしまいます。

④長期保管の場合は涼しい場所で保管
1ヶ月以上使用しない場合はバッテリーの性能維持の為に、30~40%程度の充電残量状態で本体から取り外し、冷暗所に保管してください。

バッテリー使用時の注意事項

ご使用頂く前に、この説明をお読みのうえ、正しくお使いください。

○リチウムイオンバッテリーは小形で高容量のバッテリーです。しかし冬場の屋外など低温(10℃以下)でバッテリーが冷えている場合、バッテリーの使用時間が短くなる特性があります。このような時はバッテリーをポケットに入れるなど温かくしておき撮影直前にビデオカメラ又はカメラに取り付けて使用してください。
(カイロなどご使用している場合は、直接バッテリーに触れないようご注意ください。)

○充電は10℃~35℃の温度範囲で行なってください。高温で充電するとバッテリーを劣化させる恐れがあります。また、低温で充電すると十分に充電ができません。

○充電器はバッテリーが温かくなることがありますが異常ではありません。
長時間放置すると、自己放電することがあります。

ご使用上のご注意

■バッテリーパックは誤った使い方をしない
・火中へ投入、暖房器具に近づける、高温状態(直射日光、車中など)で放置しない
・分解や改造などしない
・端子部分をショート(短縮)させたり、濡らしたりしない
・金属小物(鍵・装飾品など)と一緒にカバンに入れないでください。
・充電中はその場から離れないようにしてください。

■充電式電池のリサイクルについて
このバッテリーパックはリチウムイオン電池を使用しています。この電池はリサイクル
可能な貴重な資源となりますので、電池の交換、およびご使用済み商品の廃棄に際
してはリサイクルにご協力ください。
リサイクルに出す際は、端子部にテープを貼って頂くようお願いします。

その他、セットでの販売もしております。

EDOGAWA PENTAX D-LI92対応互換バッテリー ED-BAT223871

このページの本文へ移動

こよみを知る

くらしのこよみ

ツバキ科の花には大きく分けてツバキとサザンカの種がありますが、冬の初めに先駆けとして咲くのは、山茶花(さざんか)。垣根にぽつりぽつりと花をつけ始め、冬の訪れを予感させてくれます。ツバキ科の仲間は、種類によって開花期がさまざまで、春までの長い期間をかけて咲き分けます。同じツバキ科でも、山茶花と椿(つばき)は、花の形は非常によく似ていますが、花弁の散り方に違いが見られます。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す